血圧管理サイト

血圧を管理することで色々な合併症を防ぐことも可能です。今すぐ自分の血圧管理を始めましょう。

血圧計

血圧の調整は諦めず続けること

高血圧の薬と治療生活習慣病である高血圧の治療では、運動や食事に気を付ける他にも、お薬を毎日飲むことが欠かせません。
高血圧になった方は、他にも心臓病などの生活習慣病を抱えていることが多く、一つのお薬だけで済むことは少ないものですが、薬は増えるほど飲み忘れが多く発生して、病院に行く日になって全部の薬の数が合わないということも少なくありません。
また、毎日、朝から晩まできちんと薬を飲んでいたにも関わらず、血圧の数値が思うように下がっていなくてがっかりしてしまい、毎日続けていた血圧測定のみならず、薬を飲むことも辞めてしまう方も多いものです。
薬を出す先生は、急に血圧を下げるとめまいや失神の原因になってしまうことを知っているため、ゆるやかに血圧を下げているのですが、そういった事情をうまく説明しないと薬を飲む側に理解されず、効かない薬を出されている、という誤解を生む原因にもなっています。

高血圧は血管の圧が高い状態が常に続く病気です。
体にあまった糖が常にドロドロと流れる糖尿病や、コレステロールが血管にへばりつく高脂血症など、血管に関する病気を持っていると、血管の痛めつけを更に加速させてしまうので要注意です。
一度や二度の苦い経験で辞めてしまわずに、血圧の調整は諦めず続けることが、とても大切なことになります。

薬の飲み忘れで失敗したことがある方ならば、一日一回の服用で済む降圧剤がお勧めです。
一番血圧の高い時間に飲むことで一日中効くお薬ですので、一日何回も飲む必要がなく、飲み忘れを予防できます。
その中でもミカルディスという薬は、血管を広げる作用に優れているので、他の薬よりも、いち早く血圧の下がり具合を実感できます。
生活習慣病の改善には、自分に一番良い薬を選択して、根気よく治療を続けることが要となります。