血圧管理サイト

血圧を管理することで色々な合併症を防ぐことも可能です。今すぐ自分の血圧管理を始めましょう。

血圧計

ARBと利尿薬の合剤とは

年齢が増すに連れて心配されるのが、生活習慣病です。
生活習慣病の中には糖尿病や高血圧があげられますが、この高血圧も恐ろしい合併症を引きおこすのです。
高血圧になっても自覚症状が少ない為に気付かない事も多いのですが、動脈硬化症をひきおこして、その合併症には脳卒中等の人命にかかわる疾患があるのです。
このような事態を避けるため、現在までに高血圧の治療医療薬品は多数開発されており、中でもARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)は世界的にも非常に有名な医薬品で、高血圧の他にも腎障害や糖尿病性腎症に対しても有効である事が認められています。
その他に、水分排泄を促す利尿薬も非常に多くの高血圧症患者に用いられています。
このようにARBと利尿薬は高血圧症治療に役立っている最適な医薬品ですが、近年ではこのARBと利尿薬の配合剤が製造されてきているのです。
ARBと利尿薬の配合剤は、降圧薬を服用していても十分に効果を得られていない人に対しても高い降圧効果を示し、尚且つ1日1錠の服用で十分な効果を得る事が出来るという特徴を持っています。
この2剤を服用する事と比べれば配合剤を服用する方が実質的に錠数は減るため、患者からの抵抗感も少ないと評判です。
しかし特異な副作用や併用が適切ではない場合もありますので、ARBと利尿薬の配合剤は医師の判断に基づいて使用してください。